海外の車椅子事情 コロラド州デンバー編 ベィmagazine!

こんにちは。

ベィmagazine編集部の肩です。

ベィmagazineが届く直前まで、アメリカのコロラド州で人体解剖の研修に参加していました。

研修のオフの日に市街地へ観光に行った際に感じた、アメリカの車椅子事情について今日はお話しします。

車椅子ユーザーが多い!

コロラド州では外出している車椅子ユーザーがとても多いように感じました。

しかも、自走している方が多かったです。

一緒に行った方も、車椅子が多いねっていうくらい。

一番アメリカだなーと思ったのは、車椅子でマリファナを吸いにきている人がいたこと。

僕が滞在したコロラド州は大麻が合法で、コロラド州を訪れた4月20日は大麻パーティーが公園で行われていました。

そこに、大麻草のTシャツをきた車椅子ユーザーの方が並んでいて、やりたいことがあればバリアもクリアできるんだ!を目の前で感じました。

もちろん、日本では大麻は違法ですし、僕ももちろんアメリカ滞在中はやっていませんよ笑

 

 

 

車椅子乗降用のスロープ搭載バス

市内を走っているバスに何度か乗ったのですが、毎回車椅子ユーザーの方が乗車されていました。

入り口はスロープが格納されていて、その近くに車椅子用のスペースが。

車椅子ユーザーが降りるタイミングで、スロープ付近にいる人が移動して、運転手がスロープをだして、スムーズに下車していました。

乗車している人もみんな当たり前のように、スロープが出せるように移動。

車椅子ユーザーがいる生活が当たり前なんだなーって感じた瞬間でした。

 

車椅子でスポーツ観戦もできる

滞在中にはNBA、メジャーリーグの観戦に行ったのですが、どちらも車椅子ユーザーが観戦できる場所がかなり豊富にありました。

NBAは入り口入ってすぐの場所、メジャーリーグでは通路の一角をしっかり確保されていました。

どちらも、導線がしっかりしているだけでなく、試合が十分に見れる位置でした。

これならスポーツ見に行きたい!って思うような会場作り。

そしてホームラン打ったりしたら、車椅子ユーザーともハイタッチ。

車椅子ユーザーもみんなサポーターじゃん?というような雰囲気で、良い意味で特別視してないなと感じました。

車椅子以外もおしゃれ

おそらく免荷するための、装具だと思いますがキックボードみたいな感じで巧みに使いこなしていました。

滞在中通訳をしてくれたアメリカのATCの後輩は、「授業にあれでくる選手もいますよ」って。

これだけ移動しやすそうなら、松葉杖よりも全然良さそうじゃん!って思いました。

 

アメリカの車椅事情まとめ

車椅子ユーザーが多い

バスや、スタジアムなどハード面が充実している

いい意味で周りの人が車椅子ユーザーを特別視していない

完全に観光中に感じた主観的な感想ですが、ベィmagazineの作成に携わらなければ気づかなかったことばかり。

来年またコロラド州に行った時には、さらなる気づきを持って帰ってきます!

 

関連記事

  1. 取材旅行中は、メンバーが交代で車いすに乗りました。

    取材旅行ウラ話① −目線の高さ−

  2. 取材旅行中は、メンバーが交代で車いすに乗りました。

    取材旅行ウラ話② −すみません−

  3. ベィmagazine第2弾!東京観光編!クラファン開始!!

ベィmagazine購入はこちら